FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
さっきまで。
一路とメルしてましてん。
まぁ、普通のカップルにゃ珍しくも何ともない事でしょうが、我々にしたら、特にここ数年では、かなり珍しい事だったりします。
私は基本的に宵っ張りですが、一路は滅法夜が弱い。なのにこんな夜遅くまで、休前日でもないのに。

日付が変わってから来た一路のメルに、咄嗟に『何かあったか???』と身構えてしまったのはアレですよね。はい、すみません。軽くドキドキしましたよ、緊張感方面で。
でもね、それ位珍しい事だったりして。

付き合い出した頃は、そりゃ毎日の様にメルもしていたし、それもかなり頻繁でしたよ。あ、電話は今も昔も殆どしません。トラウマがあって電話は大嫌いなので。
それなりの年月を経て、今はお互いの負担になる様な事は極力避けて、無理のないお付き合いへと変化していったのですが、私の生活サイクルがここ数年で大きく変わった事もあり、日々のメルのやり取りも極端に減りました。

淋しいなぁと思わなくもないけれど、それでも割りと頑張っていた時期もあったのだけれど、何かね、何となくね、それが普通になりつつあって。
私の周りには同じ位の年数を経ているカップルが居ないので、10年選手クラスのカップル達がどんな風なお付き合いをしているのか知る由もございませんが、まぁ、こんなモンなのかもねぇと。
そんな風に思っていたのだけれど。

やはり、基本的には私の方からメルをする事が多かったのですが、震災からこっち、極端に仕事が忙しくなった事と、日数も時間数もそれまでより格段に増えて、帰って来てすぐに寝てしまったり、うたた寝しちゃって気が付けば深夜も深夜・・なんて事がずっと続いていて、メルをする余裕がまるでなかったんですわ。
よく『トイレに行く時間だってあるのに!』とか『休憩時間だってあるでしょ!』と、連絡もままならない男子に対してキレる女子的構図を見ますが、ワタクシ程度の仕事量であっても、批判されている側の男子の気持ちが判らなくもない状態でございます。

あ、でね。結果的には全然何でもない、他愛ないメルのやり取りでございました。
この、彼女との音信不通的な状態に、流石に一路も淋しくなったのかな。とか思ったり。
今週月曜に逢ったばかりだし、次はいつかなぁと思っていたのだけれど、明後日の夜、ちょこっとの時間ですが逢う事になりました。ここ数年、隔週逢瀬が基本になっていたんだけどね。お互いに若くはないので疲れちゃうからさ。特に一路は、休みが週1しかないし。

まぁ、逢えるかどうかは私の体調次第なのですがね。どうなるものやら。
実は先約があったものの、こんな状態では周りに迷惑かけちゃうので、早々にキャンセルしちゃったのよね。
はい、無理はしない方向で。

だがしかし、キュンと来ちゃったよ。可愛いじゃないか。
想いの先にあるもの
ここずっと、週6ペースでシフトが組まれていたのですが、今週は久し振りに週休2日。月曜休みとか、いつ振りかな???今週のシフトが決まったの、ついこの間の話なのだけれども。←
計画停電が発表されて以降、一路のお店は定休日を変則にしていたのですが、計画停電が見送られる事となってからというもの、定休日も元通りにしたものの、今度は私の方が休めない状態で、ずっとすれ違っておりました。

公休のすれ違いだけなら未だしも、全然連絡も出来なくてね。主に私が。
帰ってからダラダラしている内にうたた寝してしまっては、起きたら1時2時になっている事がほぼ毎日。その時間にメルを送ってもアレですし、じゃあ起きてから・・なんて思っていると、バタバタしちゃっている内に出勤。休憩中はご飯を食べる事だけで終わってしまい、帰るとうたた寝・・のエンドレス。
一路に限らず、友達たちとも連絡は取れておらず、届いたメルにレスする事もままならずな状態で、どんどん疎遠になっていってしまっている気が致します。いや、ホントに。

そんなこんなな状態なので、一路ともろくに会話が出来ておりません。元々少なかったのに、それに輪を掛けての減りっぷりだったのでな。何だかなぁってな位に酷いもんです。決してないがしろにしているつもりはないのだけれど。
話したい事がいっぱいあった筈なのに、話したい事が山と在り過ぎて、最早どこから話せばいいのやら。仕事の事もそうだし、ばあちゃんの事もそうだし、他にもいっぱいあったんだけどなぁ。
ご飯を食べながら、思いつくままにツラツラと話をし、その場でかぁちゃんと久し振りに再会し(びっくりしたー!今度はゆっくりね!>私信)、その後はゆるゆると買い物をしたり、マッタリダラリンと過ごしたり。
明日(日付が変わったから、もぉ今日だな)もオフだったら、もっとゆっくりしたかったんだけどな。

話をしながら感じたのは。
何だ勘だと流されるがままに私が日常に追われている間、一路は私の事を静かに想ってくれていたという事。ふとした会話の中から、それをすごく感じられた。
私は好きな人には好きだとはっきり伝えるし、愛情をドーンとぶつけていく方なのだけれども、この人はいつだって判り辛い。典型的なニッポン男児で、付き合いが10年程になる今になっても、私の事を名前で呼んではくれない。付き合う前は名前で呼んでくれていたのに。
その判り辛さから、本当に私の事を好きなのかな???と、付き合い出した当初は少なからず思ったりもしていた。
長年付き合って来た今は、完全に慣れ合いになっていないかな???と思わなくもない。それが長く付き合って来たからこその良さでもあるのは判ってはいても。

でもねー、って。
この人、私の事を想ってくれているんだなぁと。そんな事を今更の様に思ってしまった次第。
そして、うまく云えないんだけど『想いの先にあるもの』を感じた次第。
私は何を見ていたのかな、なんて。指先を絡ませながら、頭を撫でられながら、至る所に感じた訳で。

愛情、ガッツリ頂きました。
明日からまた頑張ります。
うん、頑張らねばなー。
逢いたかった
今日は仕事終わりに一路とおデートして参りました。
いつもだったら月曜、お互いのオフの日にのんびり逢うのだけれど、今は計画停電を実施するとかしないとかで、一路の店の営業時間もかなり変則的であり、それに伴って月曜定休日も当面はナシ。
私も、一路がオフでなければ月曜をオフにするだけの理由もないので、ガッツリと仕事を入れている訳ですが、そうなるとね、もぉ重ならないのよね、お互いの休みが。

だもんで、一路が私の休みに合わせてくれるという話だったのだけれど、今日は私には相当珍しい18時上がりだったので、仕事が終わってから逢おうという事に。
休みの時でいいんじゃないの???と云おうと思ったのですが、わざわざ私の仕事に合わせて夜の営業は休むと云って来たので、そこまでしてくれるんじゃね、という事でね。

ここ最近のスタッフ不足だったり、店の忙しさだったりを鑑みると、時間通りにきっちり上がれるかどうかは怪しいところだったのですが、案の定、時間通りに終われる事もなく。
や、私自身の仕事は終わってはいたものの、他の仕事を振られたが為に別の方に振った仕事が、到底終われない気配ムンムンだったので、手伝わざるを得ない状態で。
サクサク上がるべくMAXで捌いて、最終的には30分押しで終了と相成りました。

その後、急いで着替えて(だって、久々の逢瀬だってぇのに、いつもの仕事着のままとか嫌じゃーん)、スタッフへの挨拶もそこそこに一路と合流。

しかしアレだ、1ヶ月以上振りだったのですよ、一路と逢うの。
もぉ10年近くのお付き合いではありますが、これだけ間があくと、一路に慣れるまでに時間がかかってしまうのです。
うん、照れちゃうの。3歳児か!っての。
久し振り過ぎてうまく喋れず、最初はめっさ口数も少なくてね。仕事終わりで・・というか、6連ジョブも終わって明日がオフだという気の緩みもあり、ドーッと疲れも出て来ちゃってね。何なら立ったまま眠れそうな勢いで。
そりゃもぉホントにグッタリだったので、色々買い込んでそのままラブホに雪崩れ込み、のぉーんと過ごした訳ですが。

それにしても、わざわざ私の仕事に合わせて店を休みにしてまで逢いに来てくれて。
こういう事、今迄無かったからね。正直、びっくりしました。本来、こういう事をする人ではないのですよ。
一路の体温を傍に感じながら「逢いたかった???」と訊くと、「うん」と一言。思わず、ギュッと抱きしめた。
そこここにいつもと違う一路を感じたのは、それだけ逢いたかったと思ってくれていたという気持ちの表れだったのかな。なのかも知れないね。

明日・・というか、今日も仕事だというのに、朝まで一緒に居た。
次に逢えるのはいつになるのかな。また暫く、間が開いてしまうんだろうか。
去年の春は、一路と桜が見られなかった。今年は一緒に淡い桜色の花霞みを見られるといいなぁ。
勇気をもらったり、愛情をもらったり
先週・先々週はガッツリ病んでおりましたからね。
主にメンタルが。事、天敵サンとのアレコレがメインでね。

職場で起こっている事は、そこはやはり職場の人と話をしない事には判らないのだけれど(同じ職場であっても判らない場合だって往々にしてあるけれど)、無条件にヨシヨシをして貰える存在は、ワタクシにとっては一路な訳で。
実際に頭を撫でつつヨシヨシして貰える訳じゃないんだけどさ、えぇ、気持ち的にね。ヨシヨシな感じでね。

この間、今日の逢瀬の約束をしている段階で『弱っているからヨシヨシしてくれ!』宣言はしておりまして、すっかりシオシオ状態だった事もあり、どこかへ行ってどうこうしたいという気力も体力も全くなく、久し振りにラブホに篭ってDVDを観たりしつつ、マッタリと。

そういえば、今日はお初のラブホに行って来たのだけれど、何というか、『皆が仕事をしている時間だというのに、けしからん!』という時間帯だったのに、んまぁこれが、入れ替わり立ち替わりでカップルの出入りが激しい事!
何組と鉢合わせしちゃったろう???老若男女と。こんなん、初めてだよー。
悪い事をしている訳じゃないのに、なまら小っ恥ずかしいったら。気まずい!

そんな中で、今迄あちこちで鉢合わせしたカップルの最高齢記録を今日、更新!
お二方とも、恐らくは70歳前後といった所でございましたよ。そこのオーナーといった雰囲気ではなかったんだよなぁ。白髪がとても綺麗だったなぁ。
驚いたのと同時に、めっさラヴいよなーってんで、ワタクシ、勇気を頂いた次第。
ビバ☆生涯現役!!
ご夫婦なのか、カップルなのかは判りませんが、いーじゃないの、羨ましい限りでございます。

『ヨシヨシしてくれ』と甘えた割りに、見たDVDはまるで甘くはなくて、松たか子主演の『告白』だったんだけどね!
救いがないとは聞いてはいたが、ホント、救いが無かったなー。
けれど、ただただ重たいだけで終わらなかったので、終わりまで一気に観られましたよ。賛否両論ありますが、私は嫌いじゃない。


何となく、アレコレと話をしたい様な、そうじゃない様な。
煩わしい色んな事から思考を遠ざけたくて、一路に絡み付きながらダラダラと過ごした1日だった訳ですが、こういうのもたまにはアリだ。
何もしなくていい。愛する人の気配や体温を傍に感じられればそれでいい。

一路の方も突っ込んだ事は一切訊いては来ず、会話の流れはツラツラとあちらへ行き、こちらへ行きと止め処なく。
今日はそれでいい。ううん、それがいい。

日々の流れが本当にあっという間で、今日の逢瀬も楽しく終了。
2人してニコニコと終われる1日は幸せよね。
10年目。
日付は変わってしまいましたが、今日18日は一路とお付き合いを始めた日でしてね。
記念日だからどうこうって事は特に今までもした事はないのですが、えぇ、ここから始まったという事でね。
『これからもどうぞよろしく』と、メルを送り合った次第。

丸9年が過ぎ、今日から10年目がスタート。
付き合い出した当時、一路は三十路に突入したばかり、私は未だ20代半ばでございました。
お互い、既にピッチピチとは云い難い年齢ではありましたが、付き合い方はそりゃもぉ幼かったと思うよ。
いや、今も幼いと思う。年齢相応の男女のお付き合いの仕方ではないよなぁ。

でもね、それでイイ。
それが私達2人のペースだからさ。無理して繕ったとて、そんなの、長くは続かないもの。

一路に至るまで、何人かの人とお付き合いをして参りましたが、ちゃんと私を見てくれて、私を1人の女性として扱ってくれたのは、一路だけでありました。
えぇ、本当にそう思う。それまでの人達は、私を私としては見てくれてはいなかったよ。
ただの肉の塊。それはもう、付き合いとさえ呼べないのかも知れない。

だから、一路とのお付き合いが一々新鮮だったのを今でも覚えている。
この人は本当に不器用で、甘い言葉なんて云ってはくれないけれど、耳触りの良い甘い言葉だけを吐いていた他の人達よりも、しっかりと熱を帯びた愛情を私に向けてくれる。

最初はホント、判り辛かったけどね!
何せ不器用、何せニッポン男児、何せ明治生まれの頑固ジジイ的。

でも、本人すら忘れている様な事をしっかりと受け留めてくれていたり、私を知ってくれているからこその優しさや気遣いをさらりとしてくれたり。
そんな所に、10年目を迎えた今であっても、ワタクシはうっとりとしてしまう訳ですよ。私を惚れさせようとしているんじゃなく(そりゃそーだ)、自然に出て来る行動だからね。だからこそ、嬉しい。

それまでに好きになった人達とは全然違う始まり方で、気持ちはまるでフラットだったワタクシ。打ち上げ花火の様な盛り上がりは一切無く、極静かなスタートでした。
それがねぇ。
当に蒼い炎。静かに熱く揺らめいてね。そうして、未だにその熱は冷めません。

長い付き合いになれば、そりゃ熱に浮かされた様な想いはありません。
ホルモン的に恋には賞味期限があって、それは3年だというけれど、そんなモン、とっくに過ぎてしまいました。
でもねぇ、愛情の形は変わっていくものですわ。
良い部分も悪い部分も、付き合いが深くなるにつれて、見えなかった部分が徐々に見えて来て、そこもひっくるめての愛。

「ここ最近、立て続けに金縛りに遭って・・相手はオンナで・・やはり塩を入れた風呂とか、塩水で拭き掃除とか云々・・」と話をしたら「じゃあ、今度のデートの時に、俺が塩を買ってやるから!」と云った一路。

はい、こういう人だから好きなんです。

この人が歳を重ねて行く姿を、少しでも長く見ていたいと心から思う。一緒に日々を紡いでいけたら、こんなに幸せな事はない。
良い事も悪い事も、共にね。






プロフィール

まや

Author:まや
万年思春期・三十路女子の日々のつれづれ。
日常、切り売りしております。
今日も今日とて桃色吐息。
赤裸々トークはお好きですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード
QRコード