*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
想いを思う
好きな人に『好きだ』と伝えられるのは、本当に幸せな事だなぁと思う。
それが例え、実らぬ恋だったとしても。

自分の気持ちを必死で押し殺して、そんな気持ちを外には御くびにも出さないで、平静を装いながら見詰めるだけで。
好きな人の幸せな話をただただ笑顔で聞いて、ココロの中は激しくかき乱されて。

体温が伝わる程に近くにありながら、触れそうで触れないこの距離を、どう思えばいいんだろう。
向けられるやわらかな笑顔の先を、どう見ればいいんだろう。
心地良い音で耳に滑り込む数々の言葉を、どう聞けばいいんだろう。

それを確かめる術はない。
や、無い事は無い。訊けばいいだけの事。
でもそれを、互いに許さない。
それは全てを壊す事を意味するから。それを判っているから。

どんなに想っても、届かない想いは幾らでもある。
強く願えば叶うだなんて、そんな子供じみた事は思わない、思えない。
強く願えば本当に叶うのだとしたら、この願いもいつか叶うの???届くの???


夢と現の狭間にある深い時間に、熱を帯びた想いを思う。
ただ想うだけで良かったのに。
Secret
(非公開コメント受付中)







プロフィール

まや

Author:まや
万年思春期・三十路女子の日々のつれづれ。
日常、切り売りしております。
今日も今日とて桃色吐息。
赤裸々トークはお好きですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。