FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
櫻子先生が感じること。
最近、立て続けに研修三昧で、『櫻子先生』な日々でございます。
今日もまた1人、研修を致しました。20歳近く年の離れた男子でございました。

彼は入ってどれ位になるだろう???
仕事での接点がこれまで無かったので、挨拶程度で殆ど会話をした事が無かったのだけれど、まぁ話してみたら、今時の男子だなーってな感じで。多分、女子にはモテるんじゃなかろうかなぁ。
私が同じクラスだったら、きっと接点は無かろうなぁと思う。俺、学生時代は地味だったしさ。や、今も大人しめに過ごしているけどさ。
今時チャンと仲良く話せる様になったのは、私がオバチャン世代になったからなのかも知れぬ。変に警戒しないし。お互いに。

若い世代の方々は、こういう云われ方をされるとカチンと来るとは思うのだけれど、今の若い世代って、所謂『ゆとり教育世代』と呼ばれますわな。
我々が思春期真っ只中だった頃は、自主的以外(=おサボり)で週休2日のスクールライフなんてのはあり得なかったし、ガッチリ詰め込まれまくりで勉強やら何やらしていたのだけれども。

先日、ラヂヲ番組の中で、とあるリスナーさんが仰っておられていて、「あぁ、確かに」と思った事の1つに、『ゆとり教育世代への研修は、今まで通りのやり方は通用しない』という事がございます。
あ、御幣があるかも知れぬけれど、それが良い・悪いという事を云いたい訳ではないのですよ。
うまく云えないのだけれど、感覚的に『俺らとは違う時代を生きて来ているんだなー』って感じるだけの事。
そりゃ年代も違えば、全然違って来るのは当たり前っちゃ当たり前なんだけどさ。

とはいえ、若い方々全てがそうか???と云われると、いやいや、それは決してそんな事はない。
『今まで通り』で充分に仕事(と、それに付随する仕事に対する心構え的なもの)を理解してくれる方々も多く居たし、一概には云えないのだけれども。
ただ、今まで感じた『難しいなぁ』とは違った意味での『難しいなぁ』を感じる方が居るのも事実。

こういうの、これからどんどん出て来るのかなぁ。年齢を重ねるにつれ。
今は若い方々とお話出来る機会に恵まれているので、恐らくは同年代の方々よりは、若い方々とのアレコレに対する受け入れ態勢があるとは思いつつも、そういう場から離れたらきっと、判らなくなってしまうんだろうかねぇ。

ワタクシ的には、若い方々とお話をするのは楽しいですよ。
年上のネエサン方とお話をするのも、やっぱり楽しいし、色々と勉強になる事が多い。
えーと、実は見知らぬ同年代が苦手だとか、そんな事を思っていたり。あは。
Secret
(非公開コメント受付中)







プロフィール

まや

Author:まや
万年思春期・三十路女子の日々のつれづれ。
日常、切り売りしております。
今日も今日とて桃色吐息。
赤裸々トークはお好きですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード
QRコード