FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
逆縁菩薩
人生に於いて、良い意味でもそうではない意味でも、大きな影響を与えられる存在という人が、誰しも1人は居ると思う。
私にも居りました。その彼が亡くなって、今日で1年が経ちました。

タイトルの『逆縁菩薩』という言葉。
これは大雑把に云うと、自分にとっての都合が悪い存在(嫌いだったり、憎かったり、鬱陶しかったりする人や環境)によって自分が貶められてしまい、けれどそのおかげで気付かされる事があったり、成長出来たりする事がありますが、そういう、この場合で云う『都合の悪い相手』の事を『逆縁菩薩』というんだそうな。

私という人間を作り上げていく為には、彼は必要な人であり、彼によって必要な言動を思い切り投げつけられたんだと、振り返ってみて思う。
特に深く関わった10代・思春期という、スポンジの様に色んなものを深く吸収してしまうあの時期にあった色々は、ここでは書き記さないけれど、見事に心が瞬殺されてしまう程の破壊力でありました。

どんなに苦しくても遠ざける事は出来ないし、どこまでも追って来るし。
20余年経った今になっても、それらを赦す事は出来ないし、一生忘れる事はないでしょう。
それでも尚、必要な事だったんだと思う。
そうでなければ、あんなに深く自分の事を内観する事は無かったとも思う。

1年前。
連絡を貰った時の事。
土砂降りの雨の中、高速をひた走って向かった事。
教会で再会した時の事。
火葬場で亡くなったのを実感した事。
骨ばった指。
オルガンが奏でる讃美歌。
雨上がりの葉っぱの緑。

そんな色んな事を、つらつらと思い出した。

いつまでも癒える事はないだろうと思っていた深い傷も、とても長い年月を経て、漸くかさぶたが出来た。
そのかさぶたもいずれ、はがれ落ちる時が来るんだろうか。

忘れなくても、赦す事が出来るんだろうか。
Secret
(非公開コメント受付中)







プロフィール

まや

Author:まや
万年思春期・三十路女子の日々のつれづれ。
日常、切り売りしております。
今日も今日とて桃色吐息。
赤裸々トークはお好きですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード
QRコード