FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2011/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
親の病気を機に思う事。
先週、緊急入院をした父。
お陰さまで今日、退院して参りました。色々とお気づかい下さった方々、どうもありがとうございました。

運ばれた当初に思っていたよりも随分と早くの退院で、一先ずホッとした次第。
とはいえ、実はちゃんとした原因が判っていないというか、何というか。
一応、一通りの検査は終えて『退院しても問題ナシ』と太鼓判を押された形ではありますが、『疲れやストレスが溜まっていたんじゃないですかね』的診断で、そーですか、と。
まぁ、検査結果がそう表しているのであれば、しゃーないかなと。本人もスッキリツヤツヤしちゃっているし。
これを機に、健康に気を配る様になればいいのだけれど。喉元過ぎれば何とやらの人なので、その辺りは期待出来ぬ罠。

こういう事があると改めて、自分の年齢と共に親の年齢も考えてしまいますな。
私といえば、ずっと実家暮らしをしておりますので、家を出て云々だとか、結婚して云々だとか、そういった大きな変化はどこにもなくて。だもんで、年齢ばかり食ってしまって、いつまでも『子供』気分が抜けないのだけれど、今の私の年齢の時、母は2人の子供を既に産んでいて、3人目をお腹に抱えていて・・という状態だったのよね。
つか、そもそも、周りを見渡せよってな話。三十路も半ばを過ぎれば当然、既婚者も多いし、既婚者じゃなくとも、1人で生活をされている方々も多い中で、実家暮らしの我が身は、そりゃ何も知らないお他人様から見れば、脛かじりだと思われてもしゃーない訳で。

実際、そうだと思うしね。やはり幼いんだよね、感覚が。いつまで経っても。
なんてな事を最近、とみに思うのでした。

思春期の頃までは老け顔だと自他共に認める位でありましたが、ある時期からは逆転し、今ではすっかり年齢不詳。
年齢を云うと驚かれる事もままあり(えぇ、気を遣われている場合も多々ありましょうがね)、早々に老け込むよりはオッケイだろうと思いつつ、それはイコール、責任感のない顔であるとも思ったり。
背負うものがないからね。今のところ、両親も一先ず元気ではあるし、結婚もしていなければ子供も居りませんので、自分だけだから、良くも悪くも。

私には私の生き方なり幸せの形があると思う。それは本当にそう思う。
でも、これでいいのかなぁと不安になる事が無い訳ではない。
じゃあ、どうなる事が、どう在る事が最良なのか。それは今も見付けあぐねている。
だからいけないのかも知れないけれど。

さて、どうしようか。
スポンサーサイト



穏やかならざる日常さ
8月も後半戦を迎え、今日なんぞは大雨の後は涼しいを通り越して寒い位の感じでしたな。
いよいよ夏も終わりですね、早いものですわ。
1日が早い、1週間が早い、1ヶ月が早い、そうして1年が終わっていく感じ。年々、そのスピードが加速しております。この先、年齢を重ねる毎に更に早くなっていくんだろうか。あっという間に一生が終わってしまいそうな勢いですわ。

それにしても、日々色々とあるもので。
自分が望むと望まざると関わらず、その只中にポーンと放り込まれる事って本当に多い。
ただただ穏やかに過ごしたいだけなのに、どうもそうはさせて頂けない模様。アップダウンがあってこその人生さとは云えど。
見えざる方々から学びの為にと、ポーンと放り込まれてばかりだと思われる今年、昨日からは父が再入院致しました。
や、再入院といえど、今年1月まで入院していた時とは状況も病状も違うので、再入院とは云えないのかも知れないけれど。

もしかしたら、これで逝ってしまうのかも知れないよなぁと、そんな状態だったのだけれど。
救急車で運ばれて検査をするも、原因が判らないとの事。なので、今回の入院は一応、検査入院的なもので、予定では1週間から10日で退院となるのですが、ただね、その検査結果如何では、当然の事ながら、更に延びる事となりましょう。

今日も手続きモロモロがあって行って来ましたが、本人は「少し落ち着いた」と云っていたものの、とてもそうは思えず・・だってさ、話をするにも苦しそうだったから。
なので、早々に病室を出て参りました。居ても(というか、居る方が)つらそうだったし。来週以降、色んな検査をする事になるのだけれど、早く『コレ!』という原因が判って欲しいものですわ。
入院した事で、家にいるよりは全然安心なのですが(何かあってもすぐに対応して貰えるし)、あれだけの不具合の原因が判らないってのは不安で仕方がありません。

それにしても、厄年ってこんなにキツいかねー???って思ってしまいます。
私は今年、本厄なのだけれども、私自身には然程、来ていない気がするのですよ。周りに全部行っている様な気がする。
えぇ、偶然重なっただけなんでしょうとも。でもね、そんな風に考えてしまう程に、今年はへヴィな事が多いんですわ。私の厄年の所為かな???っていうね。

まぁ、何があろうと無かろうと、仕事をしなければご飯も食べられないし、通常運転に近い状態で進んで行こうと思っております。
こちらやTwitter、mixiにカキコして頂いても、レスが遅かったり出来なかったりする事もあるかも知れません。日常をキープする事で、私自身をキープしたいという想いはあるので、イケる時にはイキたい所存。
これまで以上に、生温く見守って頂けると幸いでございます。

明日も笑えます様に。
この時期になると迷い出す。と、その後。
ほぼ日刊イトイ新聞<Link>ではカウントダウン状態で少しずつ情報が発信されている、数年前から愛用中のほぼ日手帳の発売日が3週間後に迫り、さてどうしましょうかと、例年通り、今年も迷っている次第。

今年は手帳と全然仲良くなれなくて、白いページが未だに何日分もあって、後から書こうと、走り書き程度の付箋は貼っているのだけれど、それも中々埋められず。
なんですけどね。
そんな状態でも、買うのは決定なんですけどね。

毎年、散々悩みながらも文庫サイズのオリジナルを買っているのですが、書いたり貼ったりするとなると、一寸足りないと思う事もしばしば。
カズンという、A5サイズの物を買おうかな、どうしようかな、なんて。
因みに、今年で4冊目。その度にツボったカバーを買っているので、文庫サイズのカバーが数枚あるんですわ。
カズンを買ったら使えないんですよね、この子達。何か、別の物に利用する事も出来るのだけれど(お薬手帳とか診察券をまとめてみるとか)、それもなぁってな感じで。

オリジナルを買うならば、今回はカバーを買うのはやめようと思っているのだけれど、これもまた、ラインナップが発表されるまで判りませんな。去年も「今回は本体だけにする!」と云っていた俺ですし。
んまぁ、こういう悩みは楽しいものです。うむ。


今年は本当に不感症チックな1年で、折り返し、残り4ヶ月一寸となった最近になって、少しずつ体の中に力が戻って来た様な気が致します。
友達たちと逢いたいと思う様になり、思うだけではなくて実行に移しつつあるし(アレコレのタイミングで逢えない時もままありますが)、どこかに行きたいだとか、何かをしたいだとか、何が欲しいだとか、そういう事も思える様になりました。
大好きだったご飯を作る事も、実はこの震災以降、殆どしていなかったのだけれど、作りたいと思える様になったし。
そして、想いを吐き出したいと思える様にもなりました。以前と比べたら段違いで投稿数が減ってはおりますが、それでもこうして、ブログに文章を綴っていける様にもなりました。

未だ未だ低い場所にあったとしても、いつまでも同じ場所で停滞し続ける事はないんですよね。
いつかは底辺にタッチする。そこからフワフワと上がってくればいい。うん、ホントにそう。
真っ只中はしんどくても、ずーっとしんどいままじゃないのさ。

来年の今頃は、良くも悪くも、今と同じ場所にはいない。物質的には『同じ場所』であったとしても、ココロは同じ場所には居ない。
流れのままに身を委ねていきます、これからも。無理はしない方向で☆
エガオの先は
笑っていれば、今がこうでもいつかはどうにかなるのかな、なんて。
そんな事を子供の頃からずーっとずーっと、考えておりました。
オフラインのワタクシを知る方々には周知の事実でございますが、オンライン上ではこれでもひっそりと世を忍んでおりますので、核心の部分は伏せるとして、『笑う事』に関しては、子供の頃からものっそいプレッシャーでありました。

うん、笑えなかったんだよねー。
基本、ネガティヴなオンナです。ある程度の年齢になるまでは、育って来た環境もそれなりにアレだったものですから、後ろ向きな事ばかり考えてしまって、前を向いて歩いて行こうだとか、笑顔でいこうだなんて、そりゃもぉ全然出来なかったのですよ。

人生色々ですのでね、ワタクシ以上に苦労をされた方々なんて多々おられますし、それでも笑顔で闘っている方々も多く存じ上げておりますし、それでどうこうって云うんじゃないんですわ。
はい、私ばっかり何でこーなの、的な。そういう事を云いたいんじゃないし、思ってもいない。たまにがっくり来る事はあっても。人間だもの。

それはさておき。

去年から今年にかけて、本当に色んな事がありまして。
彼是10年以上、頻繁に更新していたブログにも、『ブログを更新していなくてもこっちは』と、毎日の様に書き込んでいた手帳にも、まるで向かえない日々が続いておりました。白紙の日が多いですよ。今迄そんな日、無かったのに。
何だろう、思う事・想う事はそれこそ山の様にあって、吐き出したい気持ちばかりあったものの、それをどう形にすればいいのか判らなかったり、そうじゃなかったら、完全に思考がストップしてしまったり。
そんな事の繰り返しでございました。

『ココロが不感症』とここで時々云っておりましたが、本当に何も感じないというか。や、感じていない訳ではないんだな、感じ過ぎたが故にシャットダウンしてしまったというか。
見て見ぬ振り的に、自分のココロを守っていたんだろうなぁ・・と、今は思う。

不感症になっておりましたので、笑う事すら長い間、忘れておりました。
いやいや、笑顔が出なかった訳じゃないですよ。笑顔、振り撒いておりましたよ。仕事の時には鎧を纏うが如く。そうでないと闘えないから。

気持ちの上がり下がりを漸く感じられる様になった、ここ最近。
上がる事よりも下がる事が多かった、ここ最近。
眉間にしわを寄せて過ごしていただろうなぁ。営業スマイル以外にうまく繕えなくて。何なら、営業スマイルすら出来ていたのか自信が無い。

でもね、やはり笑っていれば、いつかはどうにかなると思った次第。
思う事があり、下がりまくっていた先週1週間でございましたが、オフを挟んで気持ちを切り替え、今日は努めて笑顔で過ごしてみましたよ。自分を騙すが如く。

いいのさ、どんどこ自分を騙せばいい。嘘も貫き通せば真実になるんだよ。

エガオの先にはエガオがあって、どんどん波紋の様に広がっていく。
そうしてまた、歩いて行こうじゃないの。
ダイジョブ、ダイジョブ。






プロフィール

まや

Author:まや
万年思春期・三十路女子の日々のつれづれ。
日常、切り売りしております。
今日も今日とて桃色吐息。
赤裸々トークはお好きですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード
QRコード