FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2011/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
旅立ちの日に。<長文>
昨日の出勤前の事でした。
親戚からメルがあり、幾度もすり抜けてここまで来たけれど、いよいよばあちゃんの容態が危険な状態となり、『今夜が山だという事なので、覚悟をしておいて下さい』という内容が書かれておりました。
結局、何事もなく今朝を迎えましてね。
そして、今日の仕事中。休憩に入る直前、家族からメルが来ていた様で。
休憩に入ってから開いてみると、ばあちゃんが少し前に旅立った事が書かれておりました。夕方の事でした。

その文面を見た時は、『とうとう逝っちゃったか・・』と思いながらも、意外に平静を保っていられたんですよ。
けれど、家に電話を入れて色々と短くも話をしている内に、一気に色んな事が駆け巡り。休憩室からも事務所からも離れた場所で電話をしていたのだけれど、立っていられなくなり、涙が止め処なく溢れてしまって仕方が無かった。
「頑張って」と云う電話越しの母の声に「頑張れない・・」と子供の様に応えたものの、オトナですからね、働かねば。みんなには関係のない話だし。
「・・頑張って来る」と云って電話を切りました。

1度溢れた涙を引っ込めるのは容易ではなく、そこから休憩室までの僅かな距離ですら止められず、休憩室に入った途端、ワーワーと声を上げて泣きました。
誰もいない時間帯で良かった。休憩室のドアが少しだけ開いていた事に気付いたのは、泣き止んでからの事。
そうなんだよ、フロアからの放送が聴こえる様にと、小さくストッパーを挟んでいるのよね・・

休憩時間は限られているし、この後の仕事を思えば泣いてもいられないし、こうしてばあちゃんが亡くなってもお腹は空くし。
そうじゃなくても、胃痛がして食欲は無かったのだけれど、低血糖でぶっ倒れたりでもしたら、そっちの方がアレなので、飲み物とおにぎり、酢の物でご飯。まぁ、殆ど食べられなかったけどね。
昨日、唯一ばあちゃんの事を話していた社員サンが一服しに来て、その時に少し話を聞いて貰って、気持ちを落ち着けて。
こういう時は自分の中で抱え込まないで、想いを口にする方がいいね。改めて思いました。本当に。

落ち着かせたとはいえ、レジに入って平常心よろしく、ガツガツと打てるだけの余裕はなくて、黙々と作業をしていられる様に、ガッツリ仕事を振って貰い、1日を終えました。
動いている方が気も紛れるし、余計な事を考えなくていい。

仕事が終わってから、小雨が降る中ではあったけれど、暫しみんなで立ち話をしつつ、そこから近所のファミレスに流れてアレコレと色んな事を話して笑って。

そんなこんなで、先ほど帰って参りました。
気遣って下さった方々のお陰で、気持ちをしっかりと持ったまま1日を終える事が出来ました。
どうもありがとう。


部屋には、10年以上前にばあちゃんと撮ったプリクラが飾られております。
すごーくいい顔をしているの。
未だこの頃には、こういう日が来る実感はまるでありませんでした。いつか皆が行く道であろうとも。

ばあちゃんと、色んな話をしたんだけどな。
二十歳を過ぎてすぐの頃から、「いつ結婚するんだ」と云われ続けて来て、その話が出る度に「いつかするし、ばあちゃんには花嫁姿を見て貰うんだから、長生きして頂戴」と交わし、「長生きしなくちゃいけない位、先の話なのか!」と笑われたり嘆かれたりしていたのだけれど、結局、その約束は果たせなかったよ。
「お蕎麦屋さん(=一路)にもその内、逢わせるからね」と云っていたのに、それすら出来なかった。

もっと色んな話をしたかった。
「今度、教えて」と云っていた、ばあちゃんが作るごぼうとたらこの炒り煮も、作り方を教えて貰えないままに終わってしまった。あれ、大好きだったの。子供の頃からずっと。ばあちゃんにおねだりして宅急便で時々送って貰ったりもしていたの。

齢90を過ぎて、充分生きたかも知れない。
私達は逢えなかった、じいちゃんが亡くなった年齢の倍以上を生きて、今、やっとじいちゃんとも逢えたのかも知れない。
苦しかった事からも、痛かった事からも、やっと解放されたのかも知れない。

それでも、そうであっても、やっぱりもっともっと話をしたかった。
触れたかった。
逢いたかった。また逢いたかった。ただただ逢いたかったの。
ばあちゃんの息がある内に。触れられる肉体がある内に。

今日はばあちゃんの旅立ちの日。
ばあちゃん、色々あったけれど、ここまでお疲れ様でした。
どうもありがとう。またいつか、向こうで逢いましょう。
スポンサーサイト



気分転換で気持ちの切り替え
先々月、10年以上振りにバッサリと断髪したのだけれど、髪を切るのは気分転換という意味ではお手軽でいいですね。
50センチ以上切って、スーパーロングから前下がりのボブになった今は、一寸伸びるともっさりした感じに見えてアレなので、襟足をすっきりさせつつ、前下がりの1番長い部分も少し切り、より鋭角な前下がりに。
前回、担当して下さったオネエサンがイイ感じに仕上げて下さったので、今回もオネエサンにお願い致しました。
やりたいテイストを汲み取って下さって、どうもありがとー!

ここ最近、色々とあり過ぎなのでな。キリキリしたりゲンナリしたりで気持ちが上がって来なくてね。
昨日も仕事でダダ切れに次ぐダダ切れで、久々に頭に来すぎて『頭痛が痛い』な状態になってしまいまして。苛々任せに暴飲暴食しそうになりそうな気配もありましたが、苛々し過ぎて疲れちゃって、買い物をする気にも全くなれなくて、暴飲暴食も出来ずに終わったのでした。結果的には良かったんだけどさ。

で、もっさり感があった事もあり、気分転換に美容院に行って来た訳ですが、何かで髪の毛には悪いもの(人様からの念だったり何だり)が付き易いので、チョイチョイ切った方がいいというのを聞いた事があったのだけれど、その事の真偽は別として、切ったら気分はスッキリしますな。大幅なイメチェンとかじゃなくても。

次は来月!早々に予約して来たよ。
環境が許せば髪色も変えてみたいのだけれど(というか、随分昔にやった時に綺麗に入らなくて断念したので、気分的にはリベンジだな)、三十路も半ばを過ぎ、アラフォーな年齢になった今、完全に今更感もあったりして、二の足を踏んでいたり。まぁ、そうじゃなくても職場ルールがあるので、やりたい髪色が出来そうな、出来無さそうな、微妙な感じだったりするのだけれども。


さて、明日からまた闘いです。休みが終われば主に仕事。
これまでも色々とありましたが、ここ最近は特に、私自身のこれまでの仕事の仕方や職場の人との接し方を間違えたのかなと思わずにはいられない位、何ともやりきれない事が続いていて、残念を通り越して哀しくなる事が多いのだけれど、そのどれもが自分が撒いた種なのかな・・と、アレコレを見直してみようと思います。

きっと、変えられないかも知れない。けれど、このままも哀しい。
レベルをどんどん下げて行く事だけは勘弁。
御無沙汰しておりました
ミナサマ、こんばんは。すっかり御無沙汰しておりました。まやでございます。
WEB上で日記を書き始めてから早11年ばかり。こんなに空白期間を作ったのって、殆ど無かったやも知れません。

何の予告もナシにプツンと途切れてしまいました。
それなのに、足繁く覗きに来て下さったミナサマ、どうもありがとうございます。
気が付けば最後に更新してから2週間程。4月から5月に月も移ろい、春から初夏へと季節も移ろい。

何をしていたんだと云われれば、仕事と家の往復ばかりで、職場の方々以外の方々とはほぼ逢えておらず、一路とすら、殆ど逢えていないという状況でございます。何なら連絡も取ってない。
震災以降のハードワークは落ち着きを見せましたが、スタッフが居るとか居ないとかで、ワタクシ自身のシフトが落ち着かなかったり。
スタッフの状況によって大きくシフトも変わるので、先々の予定が立てられそうで立てられず、いきなりぐっと減らされてしまう事もあったりで、稼げる内に稼いどけ!的な状況でもあったり。

そしてプライベートでは、ずーっとくすぶっていた事が一気に表面化し、心穏やかに過ごせる場所はどこにもねぇなといったのが現状でございます。
PCからご覧下さっている方々は、右枠にTwitterを表示しているので、ポツポツと呟いているアレコレを垣間見れますでしょうかね。のべつくまなく呟いている時もあれば、まるで触れない時もありと、その時々で波がかなりあるのだけれど、PCを立ち上げる事も殆ど無くなった今は、すっかり拠り所的になっております。
仕事で息詰まる事もままあれど、それ以外の事と比べれば可愛いものです。当社比。

この年齢にしてアレですが、これから先、自分が向かうだろう方向は未だ見えておらず、どうやって狙いを定めたものかと考えている最中でございます。
や、もしかしたら考えられていないのかも知れません。ぐるぐるぐるぐると堂々巡りなだけで、ただただ巡っているだけというか。

『こんな風になるとは思わなかった』と思う出来事に今年は既に幾つか見舞われておりますが、これが厄年だと云われれば、何たる事だろうと思わずにはいられません。
はい、判っております。厄年はその年頃になると起きやすい体調の変化云々的な話ですよね。でもねー、いっそ厄年の所為にしてしまいたいという、甘ったれた考えでもしとかないと、やってられんのです。

自業自得な話ならいい。自分が反省すればいいだけだから。でも、そうじゃない事はどうすればいいんだろう???
とかね。そんな風に子供の様に思っています。

今年が終わる頃、私はどこにいるのか。
ここに居るのか、居ないのか。そこに在るのか、消えているのか。正直、判りません。
とりあえず今は、自分の人生を考えている場合ではなさそうだという事だけでございます。多分。

なんて事を云いながら、案外のぉーんと暮らしているかも知れないけれど。それならそれでいいけれど。
それもいいけれど。


ごめんなさいな、周りを見る余裕は殆どございません。いっぱいいっぱいでございます。
えぇ、かなりの勢いで。
幸いな事に、体調ダダ崩れで倒れたりはしておりません。酷い風邪を引いてヘロヘロになりながらも、寝込むほどには至っていないというね。気が張っているからという事もあるけれど、大将から頂いた某所の御守、効果絶大な気がする。アレから割りと元気。不具合あってもどうにかなっているよ。


そんな訳で、簡単でぼんやりな現状報告でございました。
またアップします。
明日かも知れないし、ずっと先かも知れないけれど、それは私の気が向くままに。
その時までごきげんよう。






プロフィール

まや

Author:まや
万年思春期・三十路女子の日々のつれづれ。
日常、切り売りしております。
今日も今日とて桃色吐息。
赤裸々トークはお好きですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード
QRコード