FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2011/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
落ち着けよ
もういいオトナなんだから。
その腕には守るべきものがあるんだから。
若い頃とは違うんだから。

何があったか・・というよりは、何でそこまでしなければならないのか、私には正直、判らない。
腹が立ったのは判る。判るけれど。

冗談ではなく、少なからず本気が見えたから、「守るべきものがあるでしょう???」と云うのが精一杯だった。
きっと、その耳には届いてはいない。今はきっと届きはしない。
時間が経てば落ち着くのかどうかもよく判らない。
「だからこそ」と云っていたけれど、それは違うだろう。本当に愛しているならば、尚の事。
守る形は他にある。絶対に。

他人様の事に余計な口出しは無用なのは重々承知。
けれど、思わずにはいられないし、祈らずにはいられない。
大袈裟だろうか???
そうであって欲しい。

ココロがどこまでも重たい。
「さようなら」が本当の『さようなら』に聞こえたのは、受け手側の問題だと思いたい。
そうであって欲しい。
スポンサーサイト



前倒しに次ぐ前倒し
昨日の帰りの時点で、今日の出勤が1時間前倒しになっていたんですがね、それが更に1時間前倒しになりましてね。

昨日は仕事終わりに職場の超~こぢんまりな会合があって、焼き肉を散々喰らいつつ、歌を歌いつつ、大笑いしつつでスッキリした気持ちのまま寝たんですわ。ホント、あっという間に寝落ちましたよ。
余程スッキリしたか、今朝は爽快な目覚めだったものの、起きるには未だ早いよなぁと、完全2度寝体制に。
で、やっぱり2度寝したのだけれど、2度目の夢は職場の夢で、社員サンとあれこれ会話している夢だったんですわ。内容まではよく覚えちゃいないが、まぁ仕事の事だ。場所は卒業した小学校だったんだけど。
えぇ、夢だから色々が滅茶苦茶です。

と、そこで目覚ましが。
アラームを止めつつ画面を見れば、夢の中で喋っていた社員サンからの出勤要請メルが。
そうか、そういう事でしたか・・社員サンからの念が通じたんですかね、もしかしたら。

朝のスタッフが昨日、体調を崩してお休みしまして、今日も駄目だという連絡を受けての1時間前倒しだったのだけれども、火曜日は入荷が大量にあるので忙しい曜日。それなのに、スタッフの確保も出来ていなければ新人チャンの研修もあるという状態だったので、皆が延長になったり私が前倒しになったりで大変だったそうでした。
そーですか、そーですか。

結果的に、やはり私は前倒しでなければ大変な状況で、朝からの皆が延長でなければ大変な状況でありました。
昼からガッツリとレジを打ち、その後は盛大に品出しをし、そのまま終了な1日。仕事の後、休憩室でネエサンと暫し放心状態に。
腰が痛いよよよよよー!そろそろホントにメンテに行かねば・・

しかし、もっと要領よく仕事をこなせる様になりたいものですな。
てか、段取りが下手なんだよな。品出し1つにしても、もっと手が速くなりたいし、状況を把握出来る様になりたい。もっと手が速ければ、出来る事も更に広がるしなぁ。
今日はそんな事をしみじみ痛感。

それにしても、というか。
私は今迄、夕方から深夜までのシフトだったので、未だ陽が高い内にどういう事が店内で行われているのかは、まるで判っておりませんでした。
震災後のパニック営業的なモノが随分と落ち着いてきたので、色んな事に気が回る様に漸くなり、改めて『こういう事が行われているんだなぁ』と実感。時間帯でお客様の流れも客層も全然違うしねー。
色々ありますが、面白いもんだ。

そうそう、最近すっかりなりを潜めている天敵サンとの事ですが、震災以降、時間帯がかぶっても仕事がまるで被らない事が多々あって、何となく落ち着いております。うん、大して姿を見なかったりすればダイジョブ。
思う事も多々あれど、まぁそれはそれ。
今はね、今は。これが完全に日常に戻ったら判りませんが、恐らくはこの状態(勤務シフトやら営業時間やら)が定着しそうですし、それより何より、色んな方々に散々話を聞いて貰ったり助けて頂いたのでな。ありがたや、本当に。

目まぐるしい
震災以降のパニック営業的なモノが随分と落ち着き、買い物かごの中身も日常に戻って参りました。
月曜だし、平日だし、昼からだし、今日はのんびり品出ししたりレジを打つかねーなんて、そんな風に思っていたのですが、その気の緩みがそもそもイカンかった。
いやね、完全に日常でしたよ、買い物かごの中身もそうなら、お客様方のテンションも。変に殺気立ったものはないし、牛乳だの納豆だのの点数制限にもガタガタ云う事もないし、アレはどーした、コレはどーしたと云われる事も無いし。

だったのだけれど、どういう訳かどのお客様も大量買い!
そしてそれが、漏れなく『買い占め』的なモノじゃない!
本当に、ただただ日常の買い物ね。肉野菜魚といった生鮮食品が多数でね。まぁそれを見る限り、この辺りの方々は漸く、少しだけ落ち着いたのかな・・と思ったりもしたのでしたが。

だがしかし、みんながみんな大量なものだから、当然の事ながら1人にかかる時間も長いし、最終的には打っても打ってもまるで切れる様子がないというアレ。いやー、凄まじかった・・こちらサイドの人数はめっさ少なかったし・・や、めっさ少ないと云っても、普段の状態であれば問題ない程度なんだけどさ。
んでも、今日は素早く動けるバイトちゃんが一緒だったので、どうにか無事に乗り切れましたよ。必死になりながらの勝ち戦でした。押忍!

夕方からのスタッフ達が来てからは、昼からの我々は戦線を離脱して、今度はフロアに散って大量の品出しに励む。
励む、励む、励む・・まるで終わる気がしない・・
今日は珍しく相当な早上がりで、それが決まったと同時に職場の別部門の仲間達とご飯を食べに行く事も決定していたので、兎に角、サクサク巻いていきたくてね、仕事を。
が、巻くどころの騒ぎじゃない。何せ終われないからね。
結局、MAXで頑張って30分押しで終了。お疲れさまでしたん☆

その後は楽しく肉祭り☆喰らったわー、めっさ!
そしてそこからのカラオケでしたわ。歌ったわー、めっさ!
ところで、採点モードで遊んでいたのだけれど、評価の中にあった『しゃくり』って何ですのん???

いやー、1日を通して目まぐるしく終わりましたよ。ものっそい達成感でございました。
こうでないとね!
私の今日は、誰かの生きたかった明日。
今月11日に東北太平洋沖地震が起きて以来、釜石と大槌に暮らす親戚の安否をあらゆる方向から探していたのですが、今日の出勤前、釜石の従姉妹からのメルで、大槌の親戚の安否が確認されました。
結論から云うと、おじさんは津波に流されてしまって駄目でした。おばさんと娘は助かったそうで、そこがせめてもの救いかと。

本当に家を出る直前のメルだった事と、向こうもバタバタとしていた事もあり、細かい部分までは判らないのですが、一先ず、これで全ての安否は確認出来ました。
気にかけて下さっていた方々、本当にどうもありがとうございました。

出勤前に大泣きし、気合いを入れ直していざお仕事へ。
皆には関係のない話ではあったのだけれども、気にかけて下さっていた方々には一応の報告。こちらも、どうもありがとうございました。

その後はいつもの様にお仕事、お仕事。
今日も今日とて、殆どレジに入る事なく終わったのですが、品出しをしながら、休憩しながら、こうして生きている私の今日は、生きたかった誰かの明日なんだよなぁと、しみじみ思った次第。

あ、大丈夫ですよ。それで私がどうこうという事ではございません。
生きている事への罪悪とか、そういうんじゃありません。
ただね、もっと大切に生きなくてはいかんよなぁと思ったのですよ。

ここでも幾度となく云っているけれど、当たり前の事は全然当たり前なんかじゃなくて、奇跡の積み重ねだという事。そんな事を痛感したんですよね。
あの日、被災した、或いは亡くなられた多くの方々は、当然の如く、何事もなく明日がやって来るもんだと思っていたでしょう。日常がやって来るもんだと。
でも、そうじゃないんですよね。明日は等しく誰しもには来ないのよね。

泣いて笑って食べられて、愛する人と触れ合って。
何気ない日常の中に溢れる人間味満載の幸せを、どれだけ自分は判って、感謝して生きているだろう???
頭では判ってはいても、実感としては到底判ってはおらず、ただただ惰性で日々を過ごしてばかりいるかも知れない。

あの日、青空の下で背中を見ながら感じた想いは忘れてはいない筈のに。
あの日、暑い夏の夕暮れに想った記憶は未だ然程、遠くはないのに。
他にも、他にも。

何を云っても言葉が軽く聞こえてしまうのだけれど、私に『その日』が来るまでは、一生懸命生きていきたい。
泣いても、笑っても。生きているからこそ出来る事だもの。
うれしはずかし、はずかし、はずかし・・
ばっさりと断髪した昨日。えぇ、断髪ですよ。何せ50センチ強切ったものね。
昨日、美容師のオネエサンに「これは気付かれませんよねー、きっと」と云われ「そうですかねー」なんつって笑っていたのだけれど、まぁホントにそうでしたわ。気付かれんかった。

今日も今日とて、当初の予定よりも早めに出て来て欲しいとの要請があり、急いで支度して出勤したのですが、これがまた。
逢う人逢う人の反応が一々すごかった。スタッフ然り、お客様然り。「どうしたの???」「何があったの???」なんて言葉をどれだけ頂いた事か。
「心境の変化です(にっこり)」と云うと、それ以上のツッコミはありませんでした。はい。
みんな、気を遣ってくれましたな(にやり)。

それにしても、総じてすこぶる好評だったのは嬉しかった。
若返ったよねぇとは、女性のお客様・スタッフからのお言葉。そうか、そうなのかもな。仕事だと特に、ひっつめているからね。アレンジが出来る程に長かったけれど、アレンジが出来る程に器用なオンナじゃないので、いつも髪型は同じだったものね。
社員サンや男性のお客様方は「傍を通っても後ろ姿じゃ全く気付かないよなー」と云われ・・まぁそうだよね、いつも結っていたか纏めていたかだもの。全然違うだろうさ。ストパーかけたからパーマっ気(うねり方面)も無くなったし。

ある社員サンにゃ、今日はこの事で1日を通してからかわれておりました。あい、いぢられまくりでしたなぁ。
すれ違う度に2度見されては「あれ???まやサンじゃないですか???」と云われ、その都度、名札を目の前に出しながら「はい、まやでーす。去年の春より、もっと地域密着型スーパーで頑張ってレジ打ったりしてまーす♪」というやり取りを、何度やりあった事か。
完全にオコチャマのおふざけだよね。小学生か!っての。
まぁその社員サンとは、普段から『中2同盟』的勢いなのですが。あはん。しかも同性の・・(遠い目)

とりま、イメチェン的にはバッチリだったという事で☆

それにしても、こういう『思い切り』を最近は随分としていなかったので、皆にアレコレと云われるのはものっそい照れますね。
当に表題通り。うれしはずかし、はずかし、はずかし・・のエンドレス。
特に男性の方に云われるのは照れる。滅法。お世辞だと判っちゃいても、マヂ照れる。何せ、そういう事に対して不慣れ過ぎ。
さらりと受け止めつつ流せるだけの、オトナのオンナの余裕が欲しいもんですな。うむ。

ところで、牛乳(を含む乳製品全般)・納豆・もやし・水に続き、今度は煙草が微妙な雲行きになって参りましたな。
洋モク(マルボロ・ケント・PM等々)は問題ないけれど、マイセン・セッタ等々の国産の煙草を吸われている方々は要注意。来月いっぱい位までは思うようには買えないやも知れません。
少なくともうちの店では、国産煙草に関しては点数制限アリで、カートン買いは今は出来ません。
そんな業務連絡的お知らせでございました。あい、すいません。






プロフィール

まや

Author:まや
万年思春期・三十路女子の日々のつれづれ。
日常、切り売りしております。
今日も今日とて桃色吐息。
赤裸々トークはお好きですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード
QRコード