FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2011/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
思い切りよく。
もぉね、色々と滞っているというか、何というか。あらゆるマイナス要素を溜め込んでしまっているというか。
そんな気分をすっきりとさせたくて、髪を切って参りました。美容院、すんごい久々。女子としてはアレだが、その前の年単位に比べれば可愛いモンです。未だ1年は経っていないもん。
ずーっと切りたかったんだけどね。長くなればなる程、やはり勢いというか、思い切りが必要で。髪はいずれ伸びるとは思っちゃいてもだ。だってロングが好きなんだもんだもんだもん。

だがしかし『THE☆断髪!!』ってな位の勢いでいっちまいました。やる時ゃ思いきりいきます、何事も。
腰より長かった髪を、一気に襟足の辺りまでドーンとね。そうさなぁ、50センチは切ったろうか。担当して下さったオネエサンも思いっきり切って下さいました。ありがとう♪
で、髪ブラも楽勝で出来た程のロングのウエーブから一転、前下がりのボブになりました。恐らくは、後ろ姿では気付かれないレベル。

こんなに短くしたのはいつ振りだろうかな。
99年の聖飢魔IIの本解散まではワタクシ、メイク信者でルークメイクをしていた事もあり、ずーっとロングだったのですよ。本解散と同時にバッサリ切ったのが、やはり前下がりのボブでした。
可愛くて好きなの、前下がりのボブ。

あ、って事は、11年振りですね。それ以降、短い時期も無い事はないのですが、ここまで短くはなかったです。前下がり故に、前は顎下辺りの長さなので、そんなに短い様にも見えないですがね。まぁそれでも、今迄よりは俄然短くなっておりますが。
色々オネエサンと相談しながら、人生初ストパーでストンとさせぇの、鋤いて貰いぃの。
おかげで随分とスッキリ致しました。
11年という年齢を重ねた分、当時の印象とは大きく変わるだろうか・・と軽くドキドキだったんですが、まぁアレだ、俺、そういえば老け顔だし!ほぼ変わりませんでした。

そうそう、実は一路がロングが好きだという事もあり、ずっと伸ばしていたんですよ、お恥ずかしながら。
で、同居している家族はしゃーないにしても、やはり先ずは一路に見せようと、「一路に振られちゃったから(本日の逢瀬は一路都合で流れたのでな)切って来たー」と写メを送信。すると、滅多に貰えないお褒めの言葉を頂戴致しましたよ。マヂ珍しいったら。素直に嬉しい☆
「前に一路がロングが好きだって云っていたから」と云ったら、「長い髪の女性は好きだけど、ショートも嫌いじゃないよ」との事。そうでしたか、長年付き合っていながら知らなんだ。知らない事は未だ未だあるねー。

明日は仕事なのですが、実はそっちの方が若干こっ恥ずかしいのは、短い姿を見せた事がないから。
普段、仕事の時には結ったりアップにしていたのでアレですが、普段かけている眼鏡をコンタクトにしただけで、常連のお客様方にやいのやいのと云われるので、何を云われるだろうかと引け腰です。ま、最初だけなんだけどさ。

さー、スッキリした事だし、明日からもまた頑張るべ!
闘う日本人!!
凹むわ~・・
仕事で最後の最後で凹み、社員サンとスタッフに余計な気を遣わせてしまい、更に凹んだ次第。

変則的な営業時間に、そして非日常的日常に未だ慣れず、それまでやって来た事のペースがモロモロ崩れている今、今日は最後の最後にペース配分を間違えたばかりに、仕事を残して帰らざるを得なくなってしまいました。
こんなん、初めてで。
それがまた、めっさ初歩的な事というか、単純な事に対してだったりするから尚の事。

つい先日まで、地震後の混乱でストップしていた事が一昨日辺りから復活しており、普段私はその作業に殆ど携わらない事もあって、それをやるのをすっかり忘れてしまっておりました。
気付いたのが閉店2時間前を過ぎた頃だというアレ。
単純な作業ではあるものの、その後の準備等々を考えたら、その時間からだと到底間に合わない。云ってしまえば、気付いた人がやればいいもので『私の仕事』というものでもないのだけれど、気付いたからにはやらねばならんし、皆の上がる時間やら何やらを考えると、やはり私がやるべきだよな、という感じで。

普段、仕事が終わる前に買い物をしたり何だ勘だとするのだけれど、そんなんやっている場合でもなく、必死に・・というか、むきになってやっていたもんで、見兼ねた社員サンにストップをかけられるという始末。
情けない・・めっさ情けない・・子供か、俺は。

社員サンが「まやサンはやる事が他にもいっぱいあったんだし、そういう時もあるよ」と云ってくれたものの、まるで耳に入って来ないというね。
全力で平静を装っていたここ数日だったのだけれども、やっぱり余裕が無かったっつー事ですな。多方面に対して。
仕事もそう。未だ判らぬ親戚の安否についてもそう。他の事についてもそう。
冷静じゃない自分を、ただ見ない振りをしてやり過ごしていただけでした。本当にそう思う。

閉店後、すっかり凹んだ私を笑わせようと、社員サンがいつもの様に色々と構ってくれたものの、充分なリアクションも取れず、上層部のしょーもない・・というより、人としてどうなのという話を聞いて、我慢していたものが爆発しそうになり、うっかり目の際まで涙がこみ上げてしまってアワアワしちゃったり、何とも残念な休み前。

最終的には笑って帰れたのだけれど、皆それぞれの優しさに触れてしまって、私ゃマジ泣きしそうでしたよ。
ホントにごめんなさい。ホントにどうもありがとう。
んもぉ、大好きだ!全力でハグしたい!!
「また明後日!」と笑顔をくれたが、明後日逢うのがこっ恥ずかしいったら!!!

んでもって、明日予定していた一路との逢瀬は流れちまいました。やっぱりなぁ~・・
残念だが仕方ないやね、オトナだから我慢するよ。
来週からは怒涛の勤務になる様なので(シフトを組んでいる社員サンに予告された)、明日は私の為の時間にします。
気持ちの切り替え!
かと思いきや。
昨日、漸く落ち着いて来たと云ったばかりだというのに、今日の午後、東京の浄水場から放射性物質が出たと報道された直後から、水が一気に売れ出したというね。
私達は仕事中なので、お客様から聞いて知ったのだけれど、これでまた殺伐とした空気が暫く続くんだなぁと思うと、ガックリ来た次第。

説明では、乳幼児以外は問題ないという話ですよね???
あの方々、みんな乳幼児を抱えているのかな。まぁ、母ちゃん父ちゃんじゃなくとも、お孫さんって話もあるだろうさ。
あるだろうけれども、そういった方々以外はこんな事で一々ガタガタ騒ぐなよと。そう
思ってしまう私はいけませんかね。守るべき人がいない人間の戯言だと思われるだろうか。そうかもな。私は子供も居ません、両親と弟達、そして私だけだもの。

でも、だったら只中にある福島の方々は???
近隣の方々は???
被災地の方々、そして乳幼児を持つご家庭を優先してあげようよ。
オトナはいーじゃないの、水道水だってあるじゃないの。蛇口をひねれば普通に飲めるじゃんか。何が不満なの???
被災地の方々に協力するのはそれ以外の人間の役目、お子を守るのは親御さん方の役目。それだけの事ですよ。

何かもぉ、違う部分ですごく疲れたなぁ~・・仕事とはいえ正直、参ってしまいます。主にメンタルが。
今日は夜に計画停電があったもんで、営業も短くて18時前には閉店してしまったのだけれど、明日は朝から凄いだろう事は、簡単に想像が付く。
私は午後からの勤務なので、いつも「○○は・・???」と訊かれても「申し訳ございません、完売致しまして・・」の無限ループなだけだけれども、朝の方々はまた違うからね。それこそ、戦場。殺気立った方々のお相手をしなければならない。
水が落ち着いたら次は何が来るんだろうかな。なんて。
今はそんな風にしか考えられません。

とりま、目の前の事を淡々とこなすばかりでございます。いつも以上に冷静に。
必死にレジ打ちます。必死に品出します。それだけでございます。
うまくいけば、明後日は久し振りに一路と逢瀬。そこを励みに頑張りますよ。
ピークは過ぎた???
3連休が過ぎ、今日から計画停電も復活した訳ですが、今迄点数制限を設けていたモノが少しずつ解除されて参りました。
パンも卵も普通に買えるよー!米や納豆は未だ無理だけども!

今迄、当店ではパンも卵も米もお一家族様1点限りでやっていたのだけれど、今日は卵も山積みだったし、パンも普通に近い状態で入荷されておりました。帰る時にも未だあったもの!
業者サンの協力も相俟って、社員サンの商品確保に向けての努力も実り、色んな商品がそれまでに近い状態で入って来ておりましたよ。
買い占めのピークも過ぎたんでしょうな。何よりですよ。普通に買い物が出来ればそれでいーじゃないの。

そんなこんなで、荷物が大量入荷された今日は、この間社員サンから予告されていた通り、ひたすら品出しをしておりました。
もぉね、文字通りでございます。レジを打ったの、多分20人も居なかったよ、今日は。
それまでも、品出しメインで動いている事もあって、レジに入る時間は他のレジッ子達と比べても俄然少ないのだけれど、こんなに少ないのは初めてかも。うん、初めてだな。
終わったと思ってレジに戻ったら、またご指名を受けてフロアに呼び戻されちゃったもの・・

ついこの間までのレジの入りっぷりに比べたら大違いですよ。先週はガツガツ捌く為にレジオンリー、今日はガツガツ棚を埋めていく為に、ほぼ品出しオンリー。
基本的にあっちでもこっちでも使えるというオールマイティマンを目指しているので(まぁ、未だ未だ程遠い訳だが)、動かし易い場所で好きな様に使って下さいというスタイル。
社員サン達のグッタリっぷりもハンパないし(そりゃそうだろうよねー)、その所為でかなり苛々している部分も見えたし、さりとて他の事は出来ないので、こういう部分で全力でサポートしまっせ。
振れる所はガンガン振ればいーのさ。こういう雑務(大事な部分ではあるけれども)は俺らがやるよ。

だがしかし、そうは云っても、ずーっとずーっとだったからね。
レジを打つ時の様な気の遣い方はしませんが、品出しは地味に体力勝負な所があり、休憩に入る頃にはすっかり抜け殻で、休憩室でぼけーっと過ごす事、暫し。
途中、何人かの社員サン達が一服しに来ましたが、いつもはお喋りに加わったりするのだけれど、今日は一切入らず、手帳に向かう振りをしてぼんやりとしておりました。ピーナッツチョコをぼりぼり喰らいながら。
えぇ、普段以上に甘いものが欲しくてたまりません。

既に明日も予告されているので、ガッツリ品出し致します。あい、仕事を振られている内が華!
んでも、明日は計画停電が夜からの予定。これが実行されるのであれば、早ければ7時には帰宅出来るやも。
早上がりとなれば、先週分の疲れを癒します。そうします。
その腕の中から零れおちるもの
大好きだったからこその涙を、私は絶対に忘れない。
そして、大きな瞳からポロポロと沢山の涙を流させた事を、私は絶対に許さない。

理不尽にも程がある。
何かしらしたのならまだしも、それは完全に自己中心的であるし、とばっちり以外の何ものでもない。
そもそも、それだけの事をされる理由がどこにある???
そんなもの、どこにもない。どこにもないよ。

云いたい事は山ほどある。
けれど、そこに私が入っていく事は出来ないし、そうする事が最良ではない事は、重々承知している。
だからこそ歯痒いし、だからこそ悔しい。
だからせめてと、話を聞く。ギュッとココロを抱き締める。そっと寄り添う。
それ位しか出来ないから。

自分以外の誰かを大事に思えていないから、そういう事が簡単に出来るんだ。
そんな事をし続けて、最終的に自分の腕の中に残るものはあるの???
何もないよ。ある訳がない。一時の感情に任せるばかりで、その中にある本質も何も見ちゃいないんだから。
全てがその腕をすり抜けて、いつか、本当に本当に大事だと、手放したくはないと思ったものすらも、あっけなく零れおちていく。
それはそれまでの報い以外の何ものでもない。自分が誰かに向けてした事は、良い事も悪い事も全て、時間が経とうとも必ず自分の元に返って来る。
その事に未だ気付いていないのか、そんな事すらどうでもいいのか。


まぁでも、どうだっていい。どう生きようが、それはその人の勝手。私の人生には関わりがない事。
ただ、私の大切な人を深く傷つけた事は、絶対に許さない。
それだけの事をしたという事だ、忘れるな。

これでも一応オトナなので、何事もなかったかの様に、何も知らないかの様に振る舞いますがね。
けれど、そこまで。終了です。






プロフィール

まや

Author:まや
万年思春期・三十路女子の日々のつれづれ。
日常、切り売りしております。
今日も今日とて桃色吐息。
赤裸々トークはお好きですか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード
QRコード